山陽・山陰旅行・2

三泊四日のツアー旅行も、はや三日目です。この日は昨日までと打って変わっての、曇り空。折り畳み傘をすぐ出せるように準備しつつ、出発です!

バスは山口県から島根県へと走り抜け、出雲大社へ。移動時間が長いので、お昼はお弁当を車中でいただきました。
途中休憩を挟みながら、およそ2時間半かけて到着!バスを降りた後は、厳島神社と同様に出雲大社のガイドさんの案内に従います。

国歌の中に登場する「さざれ石」
松の参道の先には、「ムスビの御神像」 が
拝殿の大注連縄は、やっぱりド迫力!
御本殿の屋根

出雲大社は観光だけかと思っていたのですが、ちゃんと昇殿参拝がコースに組み込まれていました。本殿内はカメラ、携帯NGなので写真を撮ることはできませんでしたが、厳かな雰囲気の中で祝詞があげられ、巫女が鈴を振りながら舞を奉納。この巫女舞の鈴の音が、あたりを清浄にしてくれるような気がしました。

さて出雲大社の次は2時間ほどバスに揺られて、私が今回の旅行で最も楽しみにしていた足立美術館に到着。バスを降りたところで、ポツポツと雨が降り出してしまいましたが、ここの庭園は館内を歩き進みながら眺めるようになっているので、ノープロブレム!

写真を撮りつつ進んでいく内に、雨に打たれて庭石の色も変化。その様子も風情があって良い感じでした。

なんだか似たような写真がいっぱいになってしまいましたが…そこはご容赦を。

足立美術館を発つ頃には雨は本降りになってきましたが、この日の観光はここまで。今日は米子まで行き、皆生温泉に宿泊です!
お夕食は、「鉄人バイキング&飲み放題2時間」というもの。席の近いツアー参加者の方たちと、お喋りしながら食事を楽しみました。こういう「旅は道連れ」的な感じは、ツアー旅行ならではかもしれませんね。
食事中、ホテルのスタッフから「スマホや携帯お持ちでしたら、お写真お撮りしますよ~」と声をかけられ、ありがたくジョッキ片手の2ショットを撮っていただきました。
                 ― * ―
そして一夜明け…いよいよツアー最終日。最後に訪れるのは、鳥取砂丘です。この日は、朝から雨が降っていて、晴れていればホテルからすぐの海岸を散策することもできたのですが、あえなく断念。大人しくバスに揺られて、砂丘を目指しました。

駐車場で見かけたコナン空港のラッピングバス

と言っても、実は夫も昔々に鳥取砂丘を訪れたことがあるそうで、その頃にはなかった砂の美術館を見たい!というので、オプションで砂の美術館に行くことにしました。
私は2013年の秋以来になりますが、展示内容は毎年変わりますしね。

ムガル帝国の皇帝シャー・ジャハーンと王妃
最奥は霊廟のタージマハル
ヒンドゥー教の神 ヴィシュヌ
幸運の神 ガネーシャ

幸いなことに、美術館から駐車場まで歩いて戻る間は雨は小止みとなり、せっかく鳥取砂丘に来たのだし…ということで、最後に砂丘入り口で雰囲気だけ楽しんできました。

この後バスは、大阪伊丹空港目指してGO!楽しかった旅行も、これで終了です。
搭乗する便にギリギリのタイミングで空港着だったので一目散に搭乗手続きを済ませましたが、天候不良で搭乗案内が20分遅れ、さらに機内で管制官からの指示待ちで20分…というオマケがつきましたが、無事に帰宅できたので良しとしましょう!
さて、次はドコに行きましょうかね~?

Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です